スラりんウォーマーの口コミを徹底調査!実際の評判はどうなの?

スラりんウォーマーの口コミを徹底的に調べてみました。スラりんウォーマーの口コミでの評判はどうなのでしょうか?

下半身太りに関する情報

下半身太りを撃退!誰にでもできる3つの運動



なかなか痩せにくいと言われている下半身。

なんとか効果的に痩せる運動はないのでしょうか?

頑張っているけど効果が出ないと悩んでいる方がいましたら、ぜひこれから紹介する運動を試してみてくださいね。

有酸素運動

有酸素運動とは、ゆっくりと呼吸をしながら行う運動のことです。

ウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスなどが有酸素運動になります。

体内に取り込んだ酸素が脂肪と結合し、脂肪燃焼の効果が期待できるのです。

下半身にたまってしまった脂肪にも効くと言われています。

ウォーキングやジョギングもおすすめですが、中でも踏み台昇降運動がおすすめです。

効果を高める為にはエクササイズと有酸素運動を併用して行うと良いそうです。

ストレッチ

普段あまり運動をしない人が突然運動を始めると、膝を痛めたり怪我をする恐れがありますので、まずはストレッチでも有効です。

筋肉や筋を伸ばすストレッチであれば、十分な効果を得られるとされています。

下半身をストレッチすることで、引き締め効果やバランスの良い筋肉をつけることが期待できますよ。

自宅でも簡単にできる運動

自宅で簡単にできる下半身太り解消の運動をご紹介します。

太もも痩せのポイントは、内腿全体にある大きな筋肉、内転筋を鍛えることだと言われています。

・内腿を鍛える運動
①壁や椅子の背を右手で持ち、まっすぐ立ちます。

②右側に重心を置きながら、左手を仙骨に置きます。

③膝を曲げないまま、左脚を後ろに蹴り上げつつ爪先を床に軽く置きます。

左右5回ずつやりましょう。

・太もも全体を引き締める運動
①正面を向き、両手を平行に広げましょう。

②息を吸いながら右ひざをゆっくり体の真横まで持ち上げます。
息を吐きながら、お尻に力を入れるようにします。

③股関節を回して足を体の正面まで持ってきます。

④上げている足を前へ出し、太ももの下で両手をタッチさせましょう。

左右各10回やります。

・内ももの筋肉を鍛える運動
①両足を揃えてうつぶせに寝ます。

②膝を曲げ、手で足首を掴んでください。(太ももは浮かさないようにします。)

③上体を反らします。

3回繰り返します。

マッサージも効果的

リンパマッサージなども効果的ですが、おすすめはお風呂に入ってするマッサージです。

体が温まるので血流を改善し、代謝をアップする為むくみ改善も期待できます。

マッサージ方法は簡単です。

溜まった老廃物をリンパ腺に流すように指を動かすだけです。

湯船の中で脚を上下左右にうごかすだけでも、たまった老廃物をリンパ腺に流すことが可能だと言われています。

ストレス発散にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

下半身太りを解消するためには運動がかかせませんが、食事なども少し気にしてみるといいかもしれません。

海藻や野菜・フルーツ・大豆製品などを積極的に摂ると、効果が高まるともいわれています。

睡眠をしっかりととることも大切です!

ぜひぜひ試してみてくださいね!

下半身太りになる5つの原因とは?



頑張ってダイエットしているのに、なかなか痩せることができない下半身。

下半身太りを気にしている女性は意外に多いそうです。

では下半身はなぜ太るのでしょうか?

実は下半身太りの原因は一つではないのです。

原因がわかれば、下半身太りの解消にもきっと役に立つはずです。

今回は下半身太りの原因をまとめてみました。

骨盤の歪み

下半身太りの1番大きな原因は、骨盤の歪みであると言われています。

よく脚を組んでいたり、横すわりをしている・頬杖をついている・産後など骨盤が歪んでしまう原因はたくさんあるのです。

骨盤が歪むと、腰が張って見える為に太って見えたり、歪んで出来た隙間を埋める為に筋肉や脂肪が付きやすくなってしまいます。

余分な脂肪が付くことで、リンパの流れが悪化し、新陳代謝が悪くなるので痩せにくい体質になってしまうのです。

骨盤を治すための、エクササイズやストレッチなどがありますので下半身太りが気になる方はぜひ試してみてくださいね。

普段の生活では、できるだけ脚を組んだり、同じ方で荷物を持ったりしないなど左右均等に負荷がかかるようにするとよいでしょう。

セルライト

セルライトは太ももやお尻のあたりにできる皮下脂肪組織です。

皮膚表面にできるボコボコが特徴で、水分や老廃物を取り込んで肥大化するそうです。

セルライトは血管やリンパ管を圧迫するため、血行不良や冷え症を招き、むくみの原因になる場合もあるのです。

通常の脂肪と違って痩せにくいので、一度出来てしまうとなかなか落とすのに苦労する可能性もあります。

セルライトの原因は食生活の乱れと言われています。

甘いものやスナック菓子の食べすぎ、お酒の飲みすぎ、カフェインの摂りすぎなどです。

他にも、喫煙や運動不足も原因の一つと言われています。

ですので、味の濃い食事を出来るだけ控え、加工食品は避けましょう。

脂っこいものも極力控えるようにするとよいでしょう。

冷えも大敵です。出来るだけ下半身は冷やさないようにしましょう。

水分不足

太って見える原因にむくみがありますが、実はむくみの原因は水分の摂りすぎではなく、水分が不足することで起こると言われているのです。

水分が不足すると、老廃物が体内から排出されないまま体内で脂肪に変化してしまうためです。

水分摂取の目安は1日2リットルが良いとされています。

むくみが気になる方は、意識して水分を摂るようにすると良いでしょう。

筋力の低下

細くなりたいから筋肉をつけたくないと思われるかもしれませんが、筋力が低下してしまうとリンパの流れが悪くなってしまいます。

また脚には内転筋という内もも全体にある大きな筋肉があります。

内転筋はとても大切な筋肉で、衰えてしまうとバランスが崩れ股関節や骨盤が歪む原因にもなります。

O脚、ガニ股、むくみ、セルライトの原因にもなるそうで、鍛えておきたい筋肉の一つです。

スクワットを正しい姿勢で1日10分程度でも、効果があるそうです。

塩分の摂りすぎ

味の濃い食事などで必要以上に塩分を摂ると、下半身太りの原因でもあるむくみの原因にもなります。

麦茶やカリウムを多く含む食品には、塩分をスムーズに体外に排出する働きが期待できるそうなので、積極的に摂るとよいでしょう。

まとめ

下半身太りの原因をまとめました。

自分に当てはまるものがあれば、普段の生活から少しずつ意識するようにするといいかもしれません。

理想の体型をゲットしてくださいね!